必見!ヘリオケアウルトラDの副作用とツイッター上での評判・口コミを集めてみたよ!


→ 500件以上の体験レビューと最新価格を見る(クリック)

いきなり私の体験談!

「ヘリオケアウルトラDとは?」の説明の前に、私の体験談を書いた方が説得力あると思うので、少し書いていきますね。

ln400427_1

海外旅行のために購入!行った場所はお察しください。あまり高いところは行けませんが、めちゃくちゃ海はキレイでした(^^)

「日本の海なに?」って思うレベル。沖縄の離島とかはキレイと聞きますが、一度も行ったことがありません…

4泊ですべて快晴でした。そして、オールデイズ海でのんびりしていたので、いつもなら皮はめくれているレベルです(滞在中に)

ln400426_24

それを↑の↓が守ってくれました。

ln400426_25

結論的には、飲まないとダメ!

炎天下のところに行くなら必需品です。「全く焼けない!」とは言いません。塗る日焼け止めとはセットで使わないとダメです。けど、かなりマシになるレベル。

塗る日焼け止めの場合、塗り忘れとか、塗りにくい部位ってあると思います。そこは飲む日焼け止めでカバー!全身に作用しますから。

商品到着からの軌跡を下記で書いていますので、私の体験談でよければ参考にしてください。↓↓↓

オオサカ堂でヘリオケアウルトラD購入!で、効く?

この記事でもツイッターの口コミ・評判、取り扱いサイトの実体験レビューを紹介しています。きっと、購入前の参考になるはず!

それでは、ヘリオケアウルトラDの基本情報(副作用や効果など)を解説していきます(^^)/

ヘリオケアウルトラDとは?

日焼け止めといえば普通はローションタイプで、肌に塗って使うものというイメージですが、ヘリオケアウルトラDは内服タイプの「飲む日焼け止め」です。汗や水で流されてしまう心配がなく、屋外での仕事やスポーツに適した日焼け止めです。

主成分はファーンブロック(ポリポディウム リュウコトモス抽出物=PLE)です。植物のシダ類からの抽出物です。他に補助成分として、ビタミンC、D、ビタミンE、ルテイン、リコピンなどを含みます。

日焼け防止など美容目的のほか、光接触皮膚炎、白斑、乾癬、皮膚がんのアフターケアに皮膚科の医師からも推奨されています。

この商品は取り扱いの皮膚科で入手できるほか、ネットから個人輸入代行会社のサイトでも購入できます。

ヘリオケアウルトラDの副作用とは?

ln390609_2.jpg

主成分のファーンブロック(ポリポディウム リュウコトモス抽出物=PLE)は、マヤ文明の時代から皮膚のトラブルの治療に使われていたとされる成分です。安全な成分といわれますが、薬として体に作用する以上、何らかの副作用があることは考えられます。

かゆみ、消化不良 

アメリカの医療サイトからの情報では、まれにかゆみや消化不良をおこすことがあるようです。

主成分はシダからの抽出物とされていますが、それであればシダアレルギーを起こす可能性は十分あります。

アレルギー症状として起こるのは、かゆみ、湿疹、むくみなどが考えられます。

安全性

主成分PLEの性質、効果などに関するアメリカのサイトによると、安全性については次のような記述があります。

PLEのサプリメントはヨーロッパで20年以上の使用実績があります。その間副作用の報告はまったくありません。経口で使われる栄養補助食品によく見られる副作用もありませんでした。

また、子供に対する安全性の試験は行われていません。妊娠中や授乳中の女性、胎児に対する安全性の確認も見当たりません。

[参考サイト:http://www.sunsaferx.com/health-tips/polypodium-leucotomos/

このような内容の記述があり、妊娠中、授乳中の女性や子供に対する安全性は確認できていないので、服用は避けるべきでしょう。

外用ローションなどであれば異常が起こっても洗い流せばいいのですが、内服薬ではそうも行きません。

使用上の注意

海水浴場など直射日光に全身がさらされるような場所に長時間いて、ひどい日焼けが予想されるときは、直射日光を避けられる場所に移るか、日焼け止めローションを併用してください。

強い直射日光から完璧に皮膚を防御するものではありません。肌を露出したまま長時間日光にさらされると、やはりある程度の日焼けは起こります。シャツをはおる、帽子をかぶるなど、何らかの保護が必要です。

ヘリオケアウルトラDの効果とは?

ln390624_1

日光が皮膚に当たると、紫外線によって活性酸素が発生し、皮膚の細胞を酸化させて破壊します。これを防ぐためにメラニン色素ができますが、これが皮膚に沈着してシミやソバカスになります。

紫外線により皮膚の組織を作っているコラーゲンが酸化、損傷して弾力が失われ、その結果小じわが増えたり、張りやツヤが失われます。また細胞のDNAが損傷して皮膚がんの原因にもなります。

PLEを飲んでおくと、発生した活性酸素を破壊して、酸化をおさえる働きをします。この作用によって色素の沈着や、皮膚の組織・細胞・DNAに至るまでの損傷・破壊を防ぐことができ、日焼けのダメージが軽減できます。

皮膚にはランゲルハンス細胞という免疫機能を持った細胞もあります。これが紫外線で破壊されると、ウィルスなどの異物侵入を防げなくなります。PLEがランゲルハンス細胞の破壊を防ぐことで、免疫力の向上にも働きます。

補助成分の効果

ヘリオケアウルトラDに含まれるビタミンC,E,ルテイン、リコピンは、いずれも強い抗酸化作用を持ちます。この作用がPLEの抗酸化作用をより強いものに高め、皮膚の損傷を効果的に防ぐことが期待できます。

ビタミンDは紫外線を避けることで不足がちになります。その結果カルシウムの取り込みが不足して起こる、骨粗しょう症などを防ぐために加えられました。

内服効果

塗るタイプの外用薬と比べると、次のような効果が期待できます。

  • 塗り漏れ、ムラがない
  • 汗や水で落ちないので、重ね塗りが不要
  • ビタミン、リコピンなど補助成分の補給が可能

塗る手間がなくなり、補助成分を摂取できるのが最大のメリットですね。

併用効果

クリームやローションタイプの日焼け止めは、十分な効果を得るためには相当な量を塗る必要があります。普通の人が使っている量は、必要量の5分の1程度しかないと言われます。また、水落ち、ムラ、塗れない部分もけっこうあります。

このような、外用では対応できない部分を補完する効果も大きなものと言えます。一方内服薬にしても、単独で長時間直射日光に対抗できるほどの力はありません。互いに力不足な部分を補完しながら使うのがベストと言えるでしょう。

治療効果

  • 光線性皮膚症(紫外線アレルギー)
  • 皮膚がんのケア
  • 免疫抑制治療
  • 色素過剰
  • 光感作療法
  • 光線療法の補助
  • 眼の保護(ルテインの効果による)
  • 単に美容的な光老化対策(小じわ、しみ)の症状緩和

上記のような目的や症状を緩和する目的にも適応します。

ヘリオケアウルトラDの評判・口コミは?

続いて、ヘリオケアウルトラDの口コミ・評判を紹介します。今回紹介するのはツイッターとネットから取り寄せれるサイトの体験レビューの2つ。どちらも実際に使った人の意見です。参考になるはず!

まずはツイッターからいきます。

ツイッターの投稿口コミ

ln400103_2

取り扱いサイトの購入者レビュー

続いては、ヘリオケアウルトラDを取り扱っているサイトの体験レビューです。楽天みたいにレビューを書いたらポイントがもらえる仕組みなのか、たくさんの口コミが集まっています。そこから少しご紹介。

評価 ★★★★★
いつも通っている美容外科で取り扱っているので、実際に使っているという看護しにいろいろ聞いてみました。この薬を飲んで、塗る日焼け止めを併用すれば日焼けしないということでした。

日焼けしないなら、将来シミやシワになる可能性はかなり少なくなります。私はインドア派なのでひどく日焼けすることはないと思いますが、紫外線は年中降り注ぎます。こちらは安く買えるので、将来のリスクを防ぐために飲み続けます。

日頃の努力で肌の状態が保てられればいいですね。根気よくがんばりましょう。

評価 ★★★★★
ここのところ一週間ほど続けて飲んでいます。私は日光アレルギーで、しかも肌が弱いのですが痒みなどは出ていません。体調にも変化はなく、副作用はないようなので安心しました。

目に見えるような効果は海にでも行かなければ見えないのかもしれませんが、今のところ不満はありません。日光アレルギーがある私にはそこそこ効いていて、ありがたく思っています。他よりかなり安く買えるので、続けるつもりです。

長期になるようでしたら値段が気になります。効果があるのでぜひ続けてみましょう。

評価 ★★★★★
いつも5月ぐらいからですが、外出する時には必ず飲むようにしています。日光過敏症があるので、塗るタイプの日焼け止めを塗らずに外に出ると、肌が赤くなります。5月を過ぎて紫外線が強くなると、それに加えて発疹が出ます。

ウルトラDを飲んでおくと、塗り忘れて外出しても大丈夫です。冬もずっと戸外で過ごすときには飲むようにしています。夏場もウルトラDと塗る日焼け止めでほぼOKですが、少しは焼けるので★一つマイナスです。

どちらも単独ではきびしいようなので、状況によって併用すれば安心です。過敏症にも効くようですね。

評価 ★★★★
真夏のイベント参加のために購入しました。熱中症が続出する快晴の炎天で、10時から日没まで戸外で過ごしました。薬はこの間に3錠飲みました。結果、少し赤みが出た程度ですみましたが、友人は真っ赤でやけど状態でした。

ヒリヒリもなく、疲労感もあまりなく、とんでもない炎天下で過ごしたにも関わらずこれで済んだのは驚きです。後日長めのドライブに出かける時がありましたが、その時も薬を飲んだおかげでまったく焼けずにすみました。

お友達がいたので効果がはっきりわかりました。塗る日焼け止めはなかったのによく効きましたね。

評価 ★★★★
沖縄旅行に行ったので、その時に使いました。沖縄なので当然海ですが、日焼け止めを塗りたくって、ウルトラDは2時間おきに飲んで過ごしました。まったく日焼けしないことはありませんが、効果はあると思います。

私は鎮痛剤を飲むとアレルギーが出たり風邪薬では胸焼けが起こるなど、副作用がよく出ます。この薬は2時間おきに飲んだのに何もなく、大丈夫でした。今後は海外などに行くときにも持って行こうと思っています。

かなりハードな環境でも、手厚い対処をすれば効きますね。併用すれば互いに助け合って最強の効果になります。

評価 ★★★★★
今年は本当に異常なくらい強い紫外線が降り注いでいます。それで元々日焼けにはきわめて弱いので、普通の日焼け止めで対処するのが少し不安になりました。美容外科でも売っていたのと同じこの薬を見つけて、安心して購入しました。

買ってしばらく続けて飲んでいます。すぐ日焼けして赤くなる体質の私が、異常に暑いこの夏場に白い肌でいられるのは不思議なのですが、これは間違いなくこの薬の効果だと思います。

夏場は日陰でも相当紫外線が強いのですが、その中で白い肌というのは薬の効果の証明でしょう。

評価 ★★★
フィジーへ旅行に行った時に購入しました。サイクロンの影響が出ていて日差しはそれほど多くなかったのですが、紫外線はけっこう強く感じました。それで1日3回で5日間毎日飲んでいました。

帰ってきた時には顔が少し赤くなっていました。効果はと聞かれれば、わからないですね。飲まないよりは飲んだほうがよかったのかな。飲んだから顔が少し赤いぐらいですんだのかもしれません。

5日間島で遊んで、顔が少し赤くなっただけというのは、やっぱり効いているとしか言えないでしょう。


⇒体験レビューをもっともっと見る!

ヘリオケアウルトラDはどこで買えるの?

ln390609_3.jpg

「ヘリオケアウルトラD」で検索すると、下記のサイトで取り扱いがあることがわかります。

  1. オオサカ堂
  2. アマゾン
  3. 楽天

ln400502_5

私は一番上位に出てきたオオサカ堂で購入しました!

結果、オオサカ堂が一番安かったみたいです。

この記事を書くために調べてみたのでご覧ください(^^)/

オオサカ堂の価格

ln400502_1

価格 1本単価
1本 5,096円 5,096円
2本 9,054円 4,527円
3本 13,024円 4,341円
6本 24,126円 4,021円
12本 45,374円 3,781円
24本 87,416円 3,642円

※送料はいりません。

アマゾンの価格

ln400502_2

価格 1本単価
1本 5,970円 5,970円
2本 10,600円 5,300円
3本 16,640円 5,547円
6本 34,050円 5,675円

※送料は別途必要。

楽天の価格

ln400502_4ln400502_3

価格 1本単価
1本 7,560円 7,560円
2本 13,608円 6,804円

※送料は別途必要。

価格比較まとめ

ということで、圧倒的な差をつけてオオサカ堂がNo.1になりました。

一番安いのに送料も無料です。

一つだけ弱点と言えば、到着までに時間がかかること。5~10日程度はかかります。(6本以上なら最短3日で配送してくれるようですが)

到着は遅いですがそれ以上に激安ということで、オオサカ堂で購入するときは余裕をもって注文しましょう!

為替の変動で少しだけ価格が変わります。最新価格はオオサカ堂のページをご覧ください!


⇒最新価格と体験レビューをチェック!