必見!コルヒチンの副作用とツイッター上での評判・口コミを集めたよ!


→ とりあえず、体験した人の評判・口コミと価格を見てみる!

コルヒチンとは?

コルヒチンとは、ヨーロッパ中南部から北アフリカ原産のユリ科「イヌサフラン」という植物から抽出される成分です。日本では、痛風の発作の治療または予防に用いられる薬として知られています。

ln400212_1

痛風は、関節(特に足の親ゆびの付け根)に沈着された尿酸の結晶化が原因となる病気です。体内の白血球(好中球)は、その結晶化した尿酸が剥がれ落ちると「異物」と認識し、攻撃を始めます。

攻撃することで炎症が起き、痛みや熱となって現れます。コルヒチンにはこの好中球の活動を阻害し、炎症を起こさないようにする作用があるのです。

コルヒチンの副作用を考えてみた!

コルヒチンの一般的な用量です。

1回の用量 1日の服用回数
痛風治療 3~4mg 6~8回
痛風予防 0.5~1mg 1回

この範囲で服用していればさほど大きな心配はありません。しかし、大量使用または誤用によって急性中毒症状が、服用後数時間以内に現れることがあります。

中毒症状としては、吐き気や嘔吐、腹部痛、激烈な下痢、咽頭部や皮膚の灼熱感、血尿、乏尿、著明な筋脱力、痙攣等です。「早く痛風発作から開放されたい」と大量に服用するのは絶対にやめましょう。

またどんな薬でもそうですが、服用量を守っていても、副作用が現れる場合があります。コルヒチンの主な副作用は下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、全身のかゆみ、発熱、脱毛、発疹等です。

とてもまれですが、筋肉痛や脱力感を症状とする横紋筋融解症という副作用もあります。横紋筋融解症は急性腎不全を招くこともありますので、注意が必要です。

自分で横紋筋融解症と判断することは難しいですが、何かおかしいと自分で思う症状があれば、すぐ服用を中止するのが賢明です。

肝障害と腎障害持ちは少量から!

また、肝障害がある人、腎障害がある人、高齢者、腎疾患、心疾患があり衰弱の激しい人はコルヒチンを慎重に、ごく少量から服用しましょう。

なぜならこれらに該当する人は、成分を体外に排出させるまでの時間が長くかかるために、血中濃度が高くなり、副作用が出やすくなるからです。

腎疾患、心疾患等を持っている人は、その症状をさらに悪化させる恐れもあります。

グレープフルーツの相性は最悪!

さらにコルヒチンは飲み合わせの悪い薬が数多くあります。

抗生物質等の身近な薬とも相性が良くないので、十分気をつける必要があります。薬ではありませんが、グレープフルーツジュースとも相性は良くありません。薬は水(ぬるま湯)で飲むようにしましょう。

コルヒチンの効果を考えてみた!

ln390609_2.jpg

コルヒチンは、昔から痛風の治療薬として確立されています。痛風の症状が現れた直後に服用すると、12時間後には関節の痛みが治まりはじめ、36~48時間以内に関節痛は消えます。

痛風になったことのある人はわかると思いますが、発作が起こる少し前にムズムズするような違和感を予兆として感じることがあります。予兆を感じた時にコルヒチンを服用すれば、ほぼ痛むことなく、押さえ込むことすらできるのです。

痛風発作は夜寝ている間に起こることが多いと言われています。

理由は、1日の中でもっとも体温が下がり、血圧も下がり、血液の循環が悪くなるからです。日中ストレスをためて生活している人は自律神経が乱れ、さらに血液循環が悪くなります。

そのため夜に尿酸の結晶が出来やすいと言われています。コルヒチンを常備しておけば、いざ発作というときに安心なのは間違いなさそうです。

コルヒチンは根本的な解決はしない!

ln400224_1

コルヒチンはあくまでも対症療法です。コルヒチンのほかに、発作の痛みをとる薬(NSAIDS)も使われますがこれも痛みをとるだけです。

関節に沈着した尿酸結晶が取り除かれたわけではありません。

痛風は一度かかると、一生付き合っていかなくてはならない病気です。根本的な治療は、尿酸をいかに正常値内でコントロールしていくかということになります。

尿酸値を下げる薬もありますが、痛風の人は高血圧症、高脂血症、肥満が合併している場合が多いのが事実です。まずは生活習慣を見直すこと、そしてストレスをためないことが大切と言えるでしょう。

コルヒチンのツイッター上での評判・口コミは?

ln400103_2

痛風にお悩みの方はソーシャル・ネットワーク上にたくさんおられます。いつも参考にさせてもらっているツイッターでも、多くのつぶやきがありました。

コルヒチンを摂取している人の「生の声」を読んで、今後の参考にしてみてください(^^)/

オオサカ堂という個人輸入の代行サイトでは、購入者の体験レビューが掲載されています。こちらも参考になるので、ぜひご覧ください(^^)/


⇒体験レビューをもっともっとみる!

コルヒチンはどこで買えるの?

ネット購入

コルヒチンは病院で処方されるのが一般的ですが、ネットから入手することができます。個人輸入という形で。複雑な手続きがありますが、代行会社を介せば通販感覚で購入できます。

個人輸入代行サイトで一番メジャーなところは「オオサカ堂」ですね。

送料無料+手数料無料+創業19年のトリプル安心サイト!

オオサカ堂が断トツの人気No.1ですが、No.2は「アイドラッグストアー」というサイト。こちらも創業19年で、いいライバルサイト。

2つの価格を比較してみましょう!

50錠
オオサカ堂 1,983円
アイドラッグ 1,920円

価格はほぼ同じ!
サイトにある体験レビューは、アイドラッグが42件で、オオサカ堂は127件。オオサカ堂を利用している人が多いです。

為替の影響で価格は変動します。現在の価格や体験レビューは、下記のボタンからご覧になってください(^^) 実際に購入した人のレビューなので、参考になるはずです!


⇒体験レビューをもっともっとみる!